TBS金曜ドラマ『リバース』

「僕の親友を殺したのは誰だ?」

2017年春、湊かなえの新たな謎が動き出す。

超豪華キャストが一堂に会し『夜行観覧車』『Nのために』のチームがおくる渾身の“ヒューマンミステリー”!

 

2017年も春を迎え、新しいドラマが次々とスタートしましたね。

気になるのはやはり視聴率です。

そこで今回は、TBS金曜ドラマ『リバース』の視聴率を、他の競合ドラマの視聴率も併せてお伝えします!

 

TBS金曜ドラマ『リバース』視聴率

 

2017年4月14日にTBS金曜ドラマ『リバース』第1話が放送されました。

気になるのは視聴率ですよね。

 

ドラマの初回放送の視聴率は、そのドラマに対する期待値を計る基準です。

初回の視聴率が2ケタを超えていないと、その後の放送の視聴率アップは厳しいでしょう。

TBS金曜ドラマ『リバース』の初回視聴率は……10.3%

ギリギリ2ケタに乗っかりましたね!

 

視聴率があまり伸びなかったわけは……?

藤原竜也の大根役者ぶり?

人気ミステリー作家・湊かなえの小説を原作とする連続テレビドラマ『リバース』(TBS系)の第1話が14日、放送された。

湊といえば、いわずと知れた超人気作家であり、根強いファンが数多くいることでも知られており、制作サイドとしても一定の視聴率が狙えることを期待しているのは想像にかたくない。

 

湊原作の連ドラといえば、同じくTBS系で放送された『Nのために』(2014年)や『夜行観覧車』(13年)が記憶に新しいが、後者は全話平均視聴率11.6%と2桁をキープし、前者は同9%。

両作とも大ヒットとまではいかないまでも、“健闘”といえる数字だろう。

そして今回の『リバース』だが、それなりにはおもしろいのだが、“ヒット”といえるほどの視聴率には届かないのではないか、というのが正直な感想である。

 

登場人物たちの設定もしっかりしており、ほどよく複雑な人間関係もはりめぐらされている。

そして当然ながらストーリーもつくり込まれているため、それなりには見応えはあるのだが、第2話以降でも「あの10年前の事件で、いったい何があったのか?」というテーマを引っ張り続けていくのは、視聴者は少し息苦しくなってくるし、飽きてくるのではないか。

 

ドラマ『リバース』、重大な足かせとなっているのが、藤原竜也の大根役者ぶりだ。

一つひとつの動作やセリフ回しが、いちいちわざとらしい。

藤原が何かを話したり動いたりするたびに、それまで保たれていた緊張感がプツンと切れてしまうのは、同ドラマの非常に残念な部分である。

 

と、ここまで書いて気がついたのだが、「越智が深瀬へ不自然なほどグイグイ迫っていく」ということは、つまり越智は何か重大な意図を持ち、偶然を装って深瀬に近づき、交際を始めたということなのか。

 

たとえば、実は越智は亡くなった広沢となんらかの関係があり、その広沢の死の真相を知るために深瀬に近づいたのか。

はたまた、深瀬が広沢の死の原因をつくったと考えた越智は、深瀬に復讐するために近づいたのか――。

 

引きが弱い?途中で飽きてしまう?

ドラマの感想としては、期待値が高すぎたのかな……。

面白かったし、今クール見てる中では(と言ってもまだ3、4つしか見てませんが)良い内容だと思いました。

けど、もう少し引きが弱いかなぁ、って思っちゃいましたね。

 

途中でダレたとか、特にそういう印象だったワケではないんですが、ちょっとね、どうしても2話目が見たい!って思わせられたか、って言うとちょっと不安だね……。

キャスティングも良いですし、湊かなえさんの原作なんで、最後のどんでん返しとかを大いに期待していますが、2話、3話と是非とも盛り上げて欲しい所ですねぇ~。

 

視聴率ランキング

 

ここで、他のドラマの初回放送の視聴率をランキング形式でお伝えします!(2017年4月19日(水)時点)

第1位 フジテレビ火曜21時『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』

13.9%

主演:小栗旬×西島秀俊

現在の日本ドラマ・映画界を代表する本格派俳優2人が民放連続ドラマ初共演!

 

直木賞作家・金城一紀が手掛ける骨太なアクションエンターテイメント!

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、規格外の男たちの活躍を描く!

 

第2位 TBS日曜21時『小さな巨人』

13.7%

主演:長谷川博己

警視庁本庁 VS 所轄

警視庁ノンキャリ最高峰・捜査一課長を目指していた

エリート刑事が味わった挫折――

 

「警察」という名の巨大組織の中でもがき、奮闘する男たちの戦いを描くエンターテインメント

大人社会での駆け引き、出世争いの中で信じられるのは己の信じる正義――

 

第3位 日本テレビ土曜10時『ボク、運命の人です。』

12.0%

出演:亀梨和也、木村文乃、山下智久

ここに、今年30歳の年齢になる2人の男女がいる。

彼らは幼い頃から何度も何度も奇跡のようなすれ違いを重ねてきた2人。

 

小さな頃に行った海水浴場で。

大学受験の会場で。

今年の初詣の神社で。

 

しかし、今は互いに顔も名前も一致していないこの2人。

そんな時、男の目の前に「自称・神」と名乗る謎の男が現れる。

彼は言う。

あなたたちは絶対に恋をしなければならない「運命の2人」だと。

 

第4位 フジテレビ月曜21時『貴族探偵』

11.8%

主演:相葉雅紀

豪華出演者で送る春の月9は、新たなヒーロー誕生!

相葉雅紀さんが挑む!推理しない名探偵!

 

原作は麻耶雄嵩さんによる本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』(いずれも集英社文庫刊)で、麻耶さんの作品が映像化されるのは今回が初めてとなります。

麻耶さんは1991年にデビューして以来、推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けていて、斬新で挑戦的な作風に中毒的なファンが続出。

今、推理小説界の俊才として最も注目を集めている一人です。

 

第5位 TBS火曜22時『あなたのことはそれほど』

11.1%

主演:波瑠

2番目に好きな人”と結婚した主人公・渡辺 美都わたなべ みつが、ずっと想い続けていた中学時代の同級生と偶然再会したことからすべてが始まる──。

 

恋の始まりはいつだって予想もつかず止められない。それはたとえ結婚後でも。

昔はぐれた運命の人が突如目の前に現れて、ずっと封印していた恋が目覚めてしまったら──。

その気持ちを押し殺すことはできますか?

 

第6位 日本テレビ水曜22時『母になる』

10.6%

主演:沢尻エリカ

母になる事が自然だと思っていた女性【結衣】

良い母になれないと悩む女性 【莉沙子】

どうしても母になりたかった女性 【麻子】

 

そんな3人の女性が母になる。

3歳の春、愛する息子が誘拐された。

 

いつもの幼稚園の帰り道。繋いでいた手を離した、ほんの一瞬。

目を戻すと、そこに息子はいなかった。

そして9年の月日を経て、13歳になった息子が現れる。

空白の9年間を埋められるのだろうか?

 

一度壊れた家族をもう一度取り戻せるのだろうか?

息子と母、妻と夫、その間にあるかけがえのない何か。

家族になるとはどういうことなのか?

 

そして、「母になる」とはどんなことなのか?

このドラマは今を生きる3人の女性が『母になる』までの物語。

 

第7位 TBS金曜22時『リバース』

10.3%

エンターテイメント性、ドキドキ・ハラハラ感を味わえるドラマがベスト3にランクイン!

さらには出演俳優もフレッシュというよりは、ベテラン揃いです。

 

TBS金曜ドラマ『リバース』は第7位……。

極上ミステリーがドラマで高視聴率を獲得する時代は去ったのでしょうか?

刺激性や、演技やストーリー重視の時代がやってきたのかもしれません。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近はYouTuberが人気になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

→ 今すぐ次世代の稼ぎ方を手に入れる!