4月16日から始まったTBS日曜劇場のドラマ「小さな巨人」。放送前から大きな話題になっていましたが、今回は改めてドラマのあらすじとヒロインについてお届けします。

【小さな巨人 ドラマ】


ドラマ「小さな巨人」は、今までのドラマとは一線を画した”警察エンターテイメント”ドラマです。既存のドラマでは”犯人捜し”や”謎解き”がメインで、警察官そのものが描かれることはあまりありませんでした。

ドラマ「小さな巨人」では、警察官を”人”として描いていきます。巨大な階級組織である警察内部の権力争いや、出世のための裏切りや保身など、そこには等身大の警察官=人がいます。

 

【小さな巨人 ドラマのあらすじ】


日本全国にいる警察官の数は約30万人。そのうちのおよそ4万人の警察官が勤務するのが”首都警察”でもある警視庁です。なかでも現場警察官の頂点に立つ、ノンキャリアの最高峰、警視庁・捜査一課長。主人公・香坂真一郎は、父のため、妻のため、なにより自分のために捜査一課長を目指して実績を積み重ねていました。上司である警視庁捜査一課長・小野田はそんな香坂を優秀な道具としてしか思っておらず、足元をすくって裏切り、所轄への異動を命じます。

 

行った先の所轄では日本経済のトップに立つIT企業ゴーンバンク社の社長・中田の誘拐事件が発生していました。指揮を執るのは捜査一課長・小野田。

 

誘拐犯は身代金を要求。捜査一課時代と同じ捜査をしようとする香坂に「所轄は後方支援」とくぎを刺すのは、それまで部下であった警視庁捜査一課長運転担当の山田。小野田から香坂をマークするよう命じられた山田は、所轄の刑事がもたらした重要情報をも捜査本部に流し、香坂らの捜査の邪魔をします。ここに警視庁本庁VS所轄の構図が浮かび上がります。

 

香坂のもとに残されたのは一癖にも二癖もある問題だらけの刑事たち。なかでも渡部は出世に興味はなく、単独行動も多い扱いにくい刑事。しかし、彼は愚直なまで”己の正義”を信じて事件に立ち向かっていきます。香坂は彼らと対立し、ぶつかり合いながら、”警察官の使命”、本当の正義”を見出していきます。

 

香坂は”己の正義”を信じ、捜査一課に返り咲くことができるのか?
「自分の運命を受け入れ、戦う覚悟が(ある)。所轄刑事として捜査一課のあなたと戦ってみせる」
香坂の戦いの始まりです。

 

【小さな巨人 ドラマのヒロイン】


ドラマ「小さな巨人」のヒロインを演じるのは芳根京子さんです。芳根さんはドラマの主人公・香坂の意行く末を左右する新任職員・三島佑里に扮します。

 

三島佑里は警察犬のブリーダーに憧れて、警視庁に入庁しますが、昇任試験の問題の準備や採点の補助、人事案の整理の仕事をする、警務部・人事課に配属されます。佑里は人事課の仕事をするなかで、”優秀な刑事”と”出世する刑事”は別物であり、巨悪と対峙する警察官たちが人事にも大いに興味を持っていることを知ります。また、研修で香坂と出会い、その優秀さを知っている佑里は所轄に左遷された香坂の先行きを案じます。

 

祐里は警務部人事課で、警察内部の人事情報に精通することで、ある決意を固めますが、その決意が物語を左右していくことになります。祐里もまた”警察が守るもの”本当の正義”をつけるのでしょうか?

 

芳根さんは出演にあたり
「朝ドラの撮影が終わって、TBSのスタッフさんに「おかえり!」と言っていただけてうれしかったです。本当に豪華なキャストの皆様に囲まれて過ごせること、そして初めての社会人の役。自分にとってまた新たな大きな挑戦になりますが精一杯頑張ります! また、警察が舞台の男っぽいドラマで女性のキャストが少ないですが、その分、祐里がちゃんと輝けるようにしっかり向き合っていきたいと思います。」
とコメントされています。

 

また、芳根さんに出演を依頼したプロデューサーは
「私たちが取材を重ねる中で、普段は果敢に事件と戦っている警察官が、実は人事にも大変興味を持っているということを知りました。今回の作品の中でも、それと同じ目線となる新人警察官役が必要だと思い、芳根さんにオファーをして承諾を頂けました。純粋でまっすぐな彼女であれば、警察官の背中を見て社会人の厳しさを感じる三島祐里役を演じきってもらえると思っております。

 

そして、そんな組織の現実を知った中でも、懸命に戦う女性を演じる芳根さんを視聴者の皆さんにも応援して頂けるとうれしいです。」
とコメント。

 

初の警官役となる芳根さん。どんな警察官を演じてくれるのか楽しみです。

芳根さんのほかにも、香坂の妻・美沙役で市川実日子さんが出演されます。

 

市川さんもまた
「人や自分を信じたり、疑ったり貶めたり。警察組織内で起こる人間模様に、ざわざわハラハラします。そんな中、香坂の信じていくものや言葉は、性別も職業も関係なく、人にとって大事なものではないかと感じました。香坂家のシーンが観てくださる方に少しでもホッとできるものなったらうれしいです。」
とコメントされています。

 

物語のカギを握るヒロインと左遷された主人公を支える妻―二人の女性の演技にも注目です。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近はYouTuberが人気になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

→ 今すぐ次世代の稼ぎ方を手に入れる!