放送前から、その内容や豪華キャストが話題になっていたTBS日曜劇場のドラマ「小さな巨人」がついに始まりました。今回はこのドラマ「小さな巨人」のあらすじや脚本についてお届けします。

小さな巨人とは


そもそも”小さな巨人”とはどのような意味で、どのような人を指すのでしょうか?Wikipediaで調べてみると
「小さな巨人(ちいさなきょじん)とは、小柄・軽量なのに優れた人を称える言葉。多くはスポーツ選手に用いられるが、さまざまな分野で使われる言葉である。必ずしも絶対的に小さい人を指すのではなく、活躍する分野で相対的に小さい人をも指す。」
と書かれています。

 

ドラマ「小さな巨人」は出世コースを外れ、所轄に左遷された一人のエリート刑事が”警察の使命”を見出し、”己の正義”を信じ、巨大な権力組織である警視庁に挑んでいくという人間ドラマです。まさに「小さな巨人」そのものの挑戦ストーリーです。

 

ドラマ 小さな巨人のあらすじ


ドラマ「小さな巨人」の主人公である警視庁捜査一課の刑事・香坂真一郎は現場の刑事の頂点に立つノンキャリアの最高峰、警視庁・捜査一課長を目指しながら実績を重ねてまい進していました。父のため、妻のため、何より自分のために。ですが、上司である警視庁捜査一課長・小野田はそんな香坂を優秀な道具としか思っていません。その小野田は香坂の足元を掬い、裏切り、所轄へと左遷します。

 

異動した所轄には一癖も二癖もある刑事ばかり。あいさつのため、着任前日に所轄・芝署に赴いた香坂は、所轄内で誘拐事件が発生したことを知ります。指揮を執るのは警視庁・捜査一課長の小野田。小野田や本庁・捜査一課の刑事たちは所轄には捜査は出来ないと決めてかかり、指示通りに動くよう命じます。

 

さらに、捜査一課時代の香坂の部下であった捜査一課運転担当の山田も寝返り、”所轄は後方支援”と香坂に手を貸すことはしません。

 

香坂に残されたのは、本庁の指示通りに動くだけのやる気のない所轄の刑事たち。香坂は所轄の刑事たちと対立し、ぶつかり合いながらも犯人逮捕に向けひた走ります。その中で、忘れかけていた警察官の使命に気づいていきます。

 

果たして香坂は、”己の正義”を見出せるのか、警視庁捜査一課に返り咲くことは出来るのか?
香坂の戦いの始まりです。

 

ドラマ 小さな巨人の脚本は


ドラマ「小さな巨人」はお二人の脚本家によって作られています。

まずお一人目は、丑尾健太郎さん。
丑尾さんは1976年5月生まれの40歳。愛媛県出身。神戸大学経済学部を卒業されています。
大学卒業後、映画やTVドラマ、舞台等の台本を手がける会社に入社。あらゆる種類の膨大な脚本の公正に携わります。そのなかで、創作・執筆技術を培いました。(SACCA株式会社ホームページより引用)

 

丑尾さんは、培った技術をもとに、映画・ドラマ・舞台やアニメなど幅広いジャンルの脚本を手掛けられていています。ピックアップすると、ドラマでは「ショムニ2013」、EXILE・AKIRAさん主演の「HEAT」、Hay Say Jamp中島裕翔さん主演の土ドラ「水球ヤンキース」、映画では伊坂幸太郎さん原作の「陽気なギャングが地球を回す」、伊藤英明さん主演の「THA LAST MESSAGE 海猿」などコミカルなものからシリアスなものまで、テンポがよくスピード感のある多彩な作品が並びます。

 

続いてお二人目は、脚本協力の八津弘幸さん。
八津さんは1971年生9月生まれの45歳。日本大学芸術学部を卒業されています。
大学卒業後、1995年から1999年までフジテレビのアシスタントプロデューサーとして契約。
2001年から2004年まで(有)オフィスワンダーランドに所属。テレビドラマ、漫画原作、その他出版物の執筆に携わられました。(SACCA株式会社ホームページより引用)

 

八津さんと言えば何といっても「倍返しだ!!」のセリフとともに大ヒットしたドラマ「半沢直樹」の脚本が挙げられます。変わり種ではTOKIOの松岡昌宏さん主演で「痛み入ります」が口癖の「家政夫のミタゾノ」。そのシュールな世界観は、派遣先の家庭を破壊し、再生する新たな”ダークヒーロー”を作り上げました。

 

その他「流星ワゴン」「下町ロケット」といったヒット作の脚本を手掛けられています。映画では「イキガミ」やホラー作品の「神さまの言う通り」の脚本も手掛けられています。八津弘幸さんは漫画の原作で培った構成力とエンターテイメント性をベースに、骨太の人間ドラマをはじめ、サスペンス、ミステリーなどの刑事ドラマ、裁判ドラマに専門知識があり、男くさいハードボイルドも得意としています。一方、泣いて笑える、心温まる人情ドラマまで手がけられ、多彩な作品を書かれています。

 

丑尾さんと八津さん、このお二人が強力なタッグを組んで作るドラマ「小さな巨人」。重厚な人間ドラマでありながら、スピード感があり、どんな名セリフが飛び出すのか、はたまた大逆転劇はあるのか―面白くないわけがない。今後の展開から目が離せません。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加