亀梨和也さんと山下智久さんの12年ぶり共演や、木村文乃さんと3人で踊る「ボク運ダンス」で大きな話題になっている、日本テレビの土曜ドラマ「ボク、運命の人です」。今回は、そんな話題のドラマの見どころと、ドラマに出演されている山Pこと山下智久さんについてお届けします。

 

ボク、運命の人です


初対面の男性に、いきなり「ボク、運命の人です」と言われたら、どう思いますか?
変な人だと思ってスルーする?気味が悪いので走って逃げる?誰かに助けを求める?

 

こんな最悪の出会いから始まる”運命の恋”―それがドラマ「ボク、運命の人です」です。

ドラマ 運命の人ですの見どころ


ドラマ「ボク、運命の人です」は、主人公の正木誠が、”神”を名乗る謎の男のお告げを信じ、”運命の人”湖月晴子に冷たくされながらもアタックを続けるというストーリーです。

 

亀梨和也さんが演じる主人公・正木誠はウェルカムウォーター社でウォーターサーバーを売る営業マン。30歳を目前に控えながら、女運のない毎日を送っています。都内の会社に異動してきた誠の前に現れたのは、神父のようないでたちの謎の男”自称 神”。
神は言います。湖月晴子こそが誠の”本当の運命の人”だと。

 

一方、木村文乃さんが演じる湖月晴子は、スワローマーケティング社に勤める、今年30歳を迎えるOL。晴子もまた、男運が悪い人生を送ってきました。その結果、現実主義の超左脳女になっています。

 

山下智久さんが演じる謎の男”神”の出現により、誠と晴子の運命の糸が語られます。
5歳の頃の海水浴場で、大学受験の試験会場で、今年の初詣の神社で、すれ違いを重ねていた「運命」。そして、誠が異動してきた会社と、晴子の会社は同じビル、同じフロアの隣同士。しかも、誠と晴子は壁を挟んだ背中合わせで仕事をする、「運命」の距離にいることを。

 

神が現れたことで、大きく動き出した誠と晴子の恋の歯車は、空回りしたり、幼なじみという強敵を巻き込んで前に進んでいきます。

 

運命の”神”は、二人に微笑むのか?見どころ満載でドラマは進んでいきます。

 

ドラマ ボク、運命の人ですの山Pこと山下智久さん


ドラマ「ボク、運命の人です」で、謎の男”自称 神”を演じているのは山Pこと山下智久さんです。
山下さんと主演の亀梨和也さんは、「ボク、運命の人です」と同じ日本テレビのドラマ「野ブタ。をプロデュース」以来12年ぶりの共演です。

 

いまさらながらとは思いますが、山下智久さんについて簡単におさらいしてみましょう。(引用元:Wikipedia)

 

山下智久さんは1985年4月生まれの32歳。出身は千葉県、明治大学商学部を卒業されています。
滝沢秀明さんに憧れて、11歳の時にジャニーズ事務所に入所します。

 

2003年、Newsのメンバーに選ばれ、翌年、「NEWSニッポン」でCDデビュー。2005年から2006年にかけて、NEWSメンバーの不祥事が続き、2006年中のグループとしての活動は休止されます。これ以降、ソロや新ユニット結成など、メンバーは個々に活動を始めます。

 

山下さんは、2005年に亀梨和也さんと共演した日本テレビの土曜ドラマ「野ブタ。をプロデュース」では、ドラマの役名そのままの”修二と彰”で期間限定ユニッ結成し、ドラマの主題歌「青春アミーゴ」を発売し、日本国内での累計売上が162万枚を超える大ヒットになりました。

 

2006年にはTBSのドラマ「クロサギ」に主演、ドラマは好評を博し、主題歌「抱いてセニョリータ」でソロデビューを果たします。ドラマを受けて、2008年には映画「クロサギ」にも主演。
以後は、初ソロコンサート、初ソロアルバムなど、順調にソロとして活動の幅を広げていきます。2011年10月にNEWSを脱退してソロ活動に専念。バラエティ番組の司会など、さらに活動の場を広げていきます。

 

愛称の山P(ヤマピー)は憧れの滝沢秀明さんが命名したもので、愛称の山Pを使った冠番組が放送されたこともあります。
ちなみに、滝沢秀明さんは山Pの”お世話係”を自認しているそうです。

 

山下さんは「クロサギ」などに代表される、感情を抑える芝居に評価が高いようですが、フジテレビのドラマ「プロポーズ大作戦」や「野ブタ。をプロデュース」などのコメディでも持ち味を発揮しています。
では、ドラマ「ぼく、運命の人です」ではどうでしょう?

 

山下さんが演じる自らを”神”と名乗る胡散臭い男は、感情の起伏を感じさせない平坦なセリフの言い回しと、その割にはややオーバーアクション。
主人公の正木誠に”神”のお告げをするものの、ただのいい”人”でもなく、妙に人間臭い部分もあります。

 

ドラマ「ボク、運命の人です」では、「プロポーズ大作戦」や「野ブタ。をプロデュース」と同じようにコメディですが、”神”なのか、”人”なのか、なぜか謎だらけ役どころです。
イケメンでシリアスな役を演じる山下さんとは違い、笑いを取ろうとしているわけではないのに、笑ってしまう、ちょっと面白い”神”は、山Pが演じているのかもしれません。

 

何はともあれ、山Pが演じる”神”の今後の「お告げ」が楽しみです。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加