ドラマ『貴族探偵』は、相葉雅紀さんが主演するフジテレビの月9のドラマです!

みなさんはご覧になっていますでしょうか??

『貴族探偵』のドラマは主役級の豪華な俳優さんが勢揃いしていることでも、放送開始前より話題になっていましたね。

特別出演枠で出演する仲間由紀恵さんの配役は放送開始までは「謎の女」でしたが、放送開始後は音声アシストサービス「ギリ」に変更されていました。

そうです、仲間由紀恵さんのキャスティングは高徳愛香が使用している携帯端末の「ギリ」なんですね!

そこで今回は、ドラマ『貴族探偵』仲間由紀恵さんの「謎」の役の訳とは?『貴族探偵』の視聴率という記事を書いていきたいと思います。

 

仲間由紀恵さんが謎の役の訳とは

ドラマが始まる前まで、仲間由紀恵さんが「謎」という役なのは、
何か裏がある
黒幕なのでは?
ラスボスなのかも・・・

などといった予想する声が沢山ありました。

結果としては、全く想像もつかなかった、携帯端末の音声アシストサービス「ギリ」でしたね。

なぜ、仲間由紀恵さんは声のみの出演なのでしょうか?

仲間由紀恵さんご本人の事情としては、俳優の田中哲司さんと結婚後、仕事をセーブして「妊活」しているという記事が、2017年4月14日付け「女性自身」のウェブニュースで配信されていましたね。

ですので、特別出演程度の出演なら、出番も多くないので妊活を妨げないという判断があった、という話があるようです。

『貴族探偵』のドラマには、主役級の俳優さんが勢揃いしていますし、同じく主役級の女優の仲間由紀恵さんにしたら、負担が大きいのでは?と思っても不思議な話ではありません。

そこで「謎」の役「ギリ」として、仲間由紀恵さんが登場することになったという訳だそうす。

 

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加

『貴族探偵』視聴率

 

ドラマ『貴族探偵』はフジテレビ月9ドラマ30周年記念作品になります。

フジテレビ月9は2009年以降視聴率が低迷し始め『HERO』や『ガリレオ』、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(すべて第2シリーズ)など過去の続編作品や前述の『HERO』に加え『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』など木村拓哉さんが主演する作品などは高視聴率を記録する反面、単回で初の一桁台を記録した『婚カツ!』(2009年4月期)や平均視聴率が初の一桁台を記録した『極悪がんぼ』(2014年4月期)以降は、単回や平均で一桁を記録する作品が増え始め、2016年1月期の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以降は平均視聴率が10%に満たない状況が続いている状況でした。

そんな状況を打破すべく製作されたのがこの『貴族探偵』のドラマです!

第一話視聴率 11・8%
第二話視聴率 8・3%

第一話放送時には2桁台を残していましたが、第二話で3.5ポイントダウンの8.3%となり1桁に突入してしまいました。

豪華キャスト、制作費をかけているという話もある事から、今回の数字はフジテレビ製作側としてもショックが大きい数字になるでしょう・・・

 

フジテレビ月9ドラマ平均視聴率10傑

 

ここからはフジテレビ月9の歴代ドラマで平均視聴率の高い10傑を紹介いたします。

1:HERO(2001年1月期) 34.3%
2:ラブジェネレーション(1997年10月期) 30.8%
3:ロングバケーション(1996年4月期) 29.6%
4:ひとつ屋根の下 (1993年4月期) 28.4%
5:あすなろ白書(1993年10月期) 27.0%
5:ひとつ屋根の下2(1997年4月期) 27.0%
7:素顔のままで(1992年4月期) 26.4%
7:やまとなでしこ(2000年10月期) 26.4%
9:教師びんびん物語II(1989年4月期)26.0%
10:プライド (2004年1月期) 25.1%

この表をみて気づいたのですが、木村拓哉さんが出演しているドラマが5作品、主演作が4作品も入っているんですね!

そして、なんだかなつかしさがあるのは気のせいでしょうか(笑)

 

フジテレビ月9ドラマ最高視聴率10傑

 

次に最高視聴率の10傑を紹介します。

1:ひとつ屋根の下(1993年4月期)37.8%(第11回)
2:HERO(2001年1月期)36.8%(第8回・最終回)
3:101回目のプロポーズ(1991年7月期)36.7%(最終回)
3:ロングバケーション(1996年4月期)36.7%(最終回)
5:やまとなでしこ (2000年10月期)34.2%(最終回)
6:ひとつ屋根の下2(1997年4月期)34.1%(最終回)
7:ラブジェネレーション(1997年10月期)32.5%(第9回)
8:東京ラブストーリー(1991年1月期)32.3%(最終回)
9:素顔のままで(1992年4月期)31.9%(最終回)
9:あすなろ白書(1993年10月期)31.9%(最終回)
11:教師びんびん物語II(1989年4月期)31.0%(最終回)
12:妹よ(1994年10月期)30.7%(最終回)

こちらは平均視聴率の順位には入っていない作品が2作品入っているのと、順位も変わっていますね。
2004年以降、平均視聴率が25%超えている作品はないという事にも少し驚きました。

テレビ離れしている事も原因なんでしょうかね。
どうにか『貴族探偵』には頑張っていただきたいです!!

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加