三度の飯より「骨」好きな“変人・観月”が伝説を作る!

『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

原作は大人気のWEB小説だそうです。

そこで今回は、『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』 の視聴者の評価をお伝えします!

 

まずは……原作情報

 

原作は、2012年に書籍投稿コミュニティ『E★エブリスタ』太田紫織さんのWEB小説です。

同じ年に『E★エブリスタ 電子書籍大賞ミステリー部門』で優秀賞を受賞し、2013年2月に書籍化されました。

それ以降、現在まで10巻が刊行されています。

アニメ版は、2015年10月よりTOKYO MXテレビ・KBS京都テレビ等で放送開始し、全12話放送されました。

2015年にはアニメ化もされている他漫画にもなっており、さらに続けての今回の実写テレビドラマ化ということで、原作ファンにとっては注目の一手となりそうです。

小説版のあらすじ

北海道旭川市在住の九条櫻子は、20代半ば名家のお嬢様で、美人、才女と、文句のつけようがない女性だったが、職業は骨を組み立てる標本士。

「骨」を愛してやまない女性だった。

三度の飯より「骨」が好きという、少し変わったところがある。

だが、検視官でもある櫻子は、骨の状態から真実を突き止めることが出来る。

そんな櫻子と、ふとしたきっかけで知り合ったのが高校生・館脇正太郎。

櫻子と交友関係を持つと、自然と「骨」との付き合いが始まる。

そこに「死」がある限り、櫻子は謎を解明せずにはいられない。

そんな櫻子に振り回される正太郎。

それでも気にならないのは櫻子のことを……。

ある日、正太郎の母親が経営するアパートで事件が起こる。

死んでいたのは、正太郎が憧れていた薬剤師の女性。

状況からして密室での死亡なので、最初は自殺と考えられたが……。

小説版登場人物

九条櫻子(観月ありさ)

北海道旭川市在住、20代半ばの旧家のお嬢様。

職業は標本士だが、検視官でもある。

とにかく「骨」が大好き。

マシュマロ入りのホットチョコレートが好き。

ドライビングのBGMはヘヴィメタル。

 

館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)

ごくごく普通の高校生。

母はアパート経営、父は早くに亡くなっている。

櫻子と知り合い、「骨」や死体に慣れていく。

グルメというか、料理好きでもあるようだ。

 

沢 梅(鷲尾真知子)

木城家の使用人で「ばあや」と呼ばれている。

 

磯崎齋(上川隆也)

正太郎の担任で、生物教師。

 

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加

ドラマ版のキャスト・役柄

九条櫻子【観月ありさ】

プロの“ドS”標本士。

三度の飯より「骨」を愛している。

裕福な家庭で育った典型的なお嬢様で、外見は美しいが、口調は男勝りで乱暴。

空気が読めないところがあり、他人の目や周囲にどう思われるかなど一切気にせず、歯に衣着せないきわどい発言で周りをドン引きさせることも。

正太郎のことを「少年」と呼び、自らの思うがままにこれでもかとういうほど振り回し、共に行動することを強いる。

館脇正太郎【藤ヶ谷太輔】

自然の森博物館勤務の“ドM”技術補佐員。

正義感が強く、優しくて純粋な常識人。

嘘をつけず、思っていることがつい顔に出てしまう。

ミステリー小説が大好物だが、そのくせ、ものすごい怖がり。

自らの仕事がデータをパソコンに打ち込むのがメインの事務職で本当によかったと内心思っているが、“ドS”の櫻子に振り回される自分も嫌いではない。

 

磯崎齋【上川隆也】

自然の森博物館・主任学芸員。

普段は仕事熱心なようには見えないが、珍しい植物の品種を前にすると途端にテンションが上がる“植物ヲタク”。

プライベートは一切謎で、独自の価値観と世界観を持つ。

櫻子に対しては同じ“ヲタク”の匂いを感じるからか、妙に通じ合うところも。

植物の専門家として、櫻子と正太郎を陰ながらサポートする。

 

沢梅 通称:ばぁや【鷲尾真知子】

北海道・旭川から櫻子とともに上京し、九条家に暮らしている使用人。

幼い頃から櫻子を世話しているため、櫻子のすべてを知り、時には叱咤激励する。

正太郎に対して孫のように接するが、そこには秘められた思いがあり…。

 

原作との相違点と評価

九条櫻子【観月ありさ】

原作での櫻子は若い美女という設定です。

観月ありささんは美女なのは間違いありませんがベテラン過ぎて少しイメージと違い、大コケするのでは?という声が早くもあがっているようです。

 

館脇正太郎【藤ヶ谷太輔】

ドラマでは26歳で博物館技術補佐員という役柄ですが、原作は高校生。

 

ドラマオリジナルキャラ

原作に登場するキャラクターがドラマには登場せず、ドラマオリジナルキャラが多数登場します。

志倉愛理【新川優愛】

自然の森博物館・学芸員補。

明るくて元気がいい現代っ子で、スタッフルームの男連中の尻を叩く係も担うムードメーカー的存在。

昔から化石好きの女の子。

櫻子が大の苦手で恐れているが、正太郎を介して徐々に櫻子のシュールな魅力にハマっていく。

人との距離感が近いことで正太郎をドギマギさせ、少しずつ恋の予感も…。

 

山路輝彦【高嶋政宏】

八峰署刑事。

一見明るくてノリのいい刑事だが、実は上昇志向。

いざ事件となればそのまなざしは真剣そのもの。

犯罪も犯罪者も嫌悪している正義感の強い男。

何かとルール無視の櫻子に迷惑をかけられるが、頼りにしているだけに文句も言えない。

利用しているだけに見えるが、心の中では櫻子へのリスペクトの気持ちも抱いている。

 

美女で標本士の櫻子と、高校生の正太郎という、青年と大人という2人の関係性が人気を博したように思えます。

ですが、ドラマでは2人とも社会人。

原作のようなフレッシュさがなく、違和感があるといった声が多数です。

ドラマのオリジナルキャラも多数登場します。

原作がWEB小説というだけありファン数は多く、そのため原作との相違に対する違和感を抱く声が多数上がっています。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加