第5話が放送されたドラマ『リバース』

 

第5話では事件の真相を追うごと浮き彫りになってきたそれぞれの抱える問題、そして深瀬(藤原竜也)も知らなかった親友・広沢(小池徹平)の素顔が明らかになっていくという新たな展開をみせてきましたね。

 

第6話では、また新たな展開がありそうで、見逃せませんね!

 

そこで今回は、『リバース』の最終回はいつになるのか?キャストが思う見どころを紹介していきます!

 

 

『リバース』最終回はいつになる?

 

リバースの最終回は、いつになるでしょうか?
ドラマの話数が全10話なら、最終回は、6月16日(金)になるのではないでしょうか?

11話なら、6月23日になると思われますが、最近のドラマは全10話が多いので、10話の6月16日が濃厚ではないでしょうか!

 

結末としては、原作とは違うドラマオリジナルストーリーが描かれるようですね。

ドラマでは登場人物も増えていますし、設定自体も少し変わっていますので、原作とはまた違う湊作品を楽しめますね!!

 

 

キャストのコメント

 

ドラマ『リバース』に出演するキャストの方々が、『リバース』の見どころについてコメントされていましたので紹介していきます!

戸田恵梨香さんのコメント

ヒューマンミステリーという作品が持つ謎解きの部分、真実はどこにあるのか想像していただくのはもちろん、登場人物の皆さんそれぞれが何かを抱えているので、それぞれのキャラクターの表面だけを見るのではなく、その深層を探りながらご覧いただけると、より一層、ドラマを楽しんでいただけると思います。

 

小池徹平さんのコメント

広沢については、ゼミ仲間とのワイワイとしたやり取りが、本当に学生時代の空気感いっぱいだと思うので、ムリに若作りをしているわけではありませんが(笑)、そんなキャピキャピ感を楽しんでいただけると嬉しいです。

ドラマとしては、毎回引き込まれるような展開が待っているので、毎週見逃さずにご覧いただけると嬉しいです。犯人は誰なのか?

皆さんがビックリするようなラストになっていると思うので、ぜひドラマの世界観にどっぷりと浸っていただければと思います。

三浦貴大さんのコメント

まずは、最後まで結末が予想できないというところでしょうか。撮影をする上で、ドラマを観てらっしゃる方にいろんなことを想像してもらえるよう、僕もみんなも芝居をしていますし、監督もそう撮影してらっしゃいますので、物語の展開を想像して楽しんでいたらければと思います。

また、原作を読ませていただきそのラストには、驚きなのか? 切なさなのか? 悲しさなのか? 何だか分からないような感情が起こりましたが、ドラマでは、オリジナルストーリーとしてその先も描かれます。

どんな結末になっているのか、僕もまだ知りませんが、きっと全ての想像を良い意味で裏切ってくれるようなラストになっていると思いますので、ぜひ毎週欠かさずご覧ください。

 

門脇麦さんのコメント

ミステリー作品ではありますが、それ以上に人間模様がしっかり描かれている作品です。登場人物それぞれがフューチャーされているので、明日香を含めて彼らが過去とどう向き合い、どの様な未来を選択して進んで行くのか。

ミステリーとしてハラハラしながら見るという楽しみ方はもちろん、登場人物の行く末を一緒に見守っていきたくなるようドラマになっていると思うので、その両方を楽しんでいただけたらな、と思います。

 

市原隼人さんのコメント

この作品では友情の絆や家族の絆、親子の絆、恋愛の絆などなど、いろんな絆が描かれています。

それが10年前の事件と交差しながら物語が進みますが、その事件をきっかけに現代のそれぞれの絆が炙り出されていきます。

親友だと思っていたけど、実は相手のことを何も知らなかったとか、崩れていく絆がある一方、誰かがそこを補うような絆ができてくる。

現代と過去と行ったり来たり“リバース”しながら物語が展開しますが、過去のことが掘り返されること、過去の自分や人に見せたくなかった昔の姿など、現代に生きる皆さんにも通じるところがあると思います。

そんなご自身の過去と照らし合わせながらご覧いただくと、何か先に進めなかったことに対してヒントをくれるような作品になっていると思います。

繊細であって大胆、そんな作品だと思うのですが、回を増すごとに内容が濃くなっていくのと同時に、例えば第5話を見ることで、第1話の内容がより鮮明に感じられる、そんな物語になっています。

また、それぞれのキャラクターのストーリーがあり、各話ごと観ていただいても楽しめる作品でもあります。

いろんな見方ができると思いますので、皆さんそれぞれの見方で楽しんでいただけると嬉しいです。

 

原作者・湊かなえさんのコメント

 

「リバース」は自著初めての、男性主人公の長編小説となります。人生初の親友。大学のゼミ仲間との旅行。そこで起きた事故、親友の死。残された仲間たちと共有することになった秘密。

卒業後、主人公は地味な生活を送りながらも、なじみの珈琲店ができ、恋人もでき、ようやく幸せな日常を手に入れたと思った矢先、自分を人殺しだと糾弾する脅迫状を突き付けられます。

脅迫状の送り主は誰か。親友は本当に事故死だったのか。親友は自分のことを本当はどう思っていたのか。

男同士の友情と確執を「夜行観覧車」「Nのために」のスタッフの方々、そして、魅力的な俳優の方々がどう作りあげていってくださるのか、楽しみで仕方ありません!

 

プロデューサー・新井順子さんのコメント

「夜行観覧車」「Nのために」に続く湊作品の3作目は、「友情」と「贖罪」をテーマに、さまざまな愛を描きます。

ハラハラするミステリーの中に、あたたかい気持ちになれる要素をプラスし、家族で見られる上質な作品を目指します。

見どころは、湊ワールドに生きるメンズたちの想い。30代になると男性は色々な道を選択していくことになります。

独身だったり既婚者だったり、立ち位置は違っても、同じように理想を抱きながら現実という壁と戦っていかなければならない…。

そんな彼らが告発犯と向き合い、大切な人を守っていく姿は必見です。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近はYouTuberが人気になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

→ 今すぐ次世代の稼ぎ方を手に入れる!