主演・藤原竜也×原作・湊かなえ

“イヤミスの女王”が描く友情×贖罪×美しき愛の物語で主演・藤原竜也が新境地を切り開く!!

浅見康介(玉森裕太)が東京都杉並区荻窪で目撃されたそうです。

果たしてどんなシーンだったのでしょうか?

そこで今回は、荻窪でのシーンについて、玉森さんの役どころも含めてお伝えします!

東京都杉並区荻窪の目撃情報

 

2017年3月25日に、東京都杉並区にある「namco荻窪店」がロケ地として使われたとの情報がありました。

目撃されたのは、浅見康介役の玉森裕太さんです。

住所:〒167-0043 東京都杉並区上荻1丁目13−10 ハクサンビル

アクセス:荻窪駅(JR中央線、メトロ丸の内線)北口から徒歩3分、西口改札を右に出てすぐ

営業時間:10:00~24:00【日~木】

10:00~25:00【金・土・祝前日】

どんなシーンの撮影?

教師役の玉森さんが、ゲームセンターにいる生徒に注意をするシーンを撮影していたようです。

生徒想いの厳しい教師とのことですので、しっかりと叱責するというシーンなのでしょう。

荻窪ってどんな街?

杉並区荻窪の住みやすさは一言でいうと「落ち着いた雰囲気と利便性を兼ね備えた町」です。

荻窪といえばラーメンが有名ですが、住んでよかった町としても有名です。

他にもマクドナルドやケンタッキー、日高屋、ジョナサン、スタバなどもしっかりとあります。

さらに大きな公園「大田黒公園」もあるので、ファミリー層の人気も高く、住むのには非常に魅力的なエリアとなっています。

駅の近くには、LUMINE、西友、ドン・キホーテ等があり、さらに総合病院の東京衛生病院もあるので万が一の時にも安心です。

コナミスポーツクラブや温泉スパなどもあり、商業施設は意外なほどに充実しています。

荻窪駅から中央線で新宿12分、そこから渋谷や池袋へは+11分で着くことができます。

方、荻窪は治安が悪いといううわさがあります。

空き巣、ひったくり、性犯罪など様々な犯罪を遠征しに来るアジア系外国人がかなりいるらしいです。

また、お金持ちが多いというのも治安が悪い理由だそうです。

 

ラーメンが有名な街ということで、庶民的な雰囲気がありながらお金持ちが多く、かつ交通の便も良いみたいです。

いろいろな人が来る街なのでしょう。

浅見康介(玉森裕太)とは

 

学生時代は“派手グループ”に属していたが、何事にも真面目でストイックな性格で、現在は高校で世界史の教鞭を取っている。

生徒を思うが故の厳しい指導により、生徒や保護者とのトラブルになることも。

10年経った今も広沢の死に対して責任を感じている。

告発文が届いた後、深瀬と共に事故の真相を調べることになる。

玉森演じる浅見は、メガネをかけたクールな出で立ちながらも、生徒たちから「あさみん」と呼ばれ、休み時間には校庭で生徒たちとドッジボールで遊ぶ気さくな高校教師。

その一方で、生徒に発する言葉のひとつひとつから、浅見も深瀬と同じく10年前の事件を引きずっていることがうかがえる、どこか陰のある役柄だ。

玉森裕太さんの評価

キスマイの俳優班として、数々の主演映画・ドラマを務め上げてきた玉森さんですが、実年齢よりも5つ上の32歳という役柄や、年上の実力派俳優に囲まれての出演に、放送前はファンから心配の声も上がっていました。

しかし、いざ放送が始まると、「玉ちゃんがすごくナチュラルな演技してた」「フラットな浅見先生に、玉ちゃんの雰囲気がぴったり!」「豪華なキャスト陣の中にいても、ちゃんと同級生に見えたね」と、玉森さんの演技を評価する声が見受けられました。

ただ、実際には玉森さんは出演者の中で一番年下なんだそうで、そういう意味でも本人的には意気込んでいるとか。

ドラマ撮影中、あいかわらず?人見知りを炸裂させていた様子の玉森さん。

現場で主演の藤原竜也さんが場の雰囲気を和ませてくれた事件?があったらしく、それ以来打ち解けていったそうです。

玉森さんはもともと「Nのために」や「夜行列車」などの湊かなえ作品のファンらしく、今回は自分がこの作品に参加することが決まり、大変うれしく気合が入っているそうです。

玉森さんのドラマ出演はもちろん嬉しいですが、今回ファンのみなさんは、「湊かなえ作品」「初ミステリー」「眼鏡キャラ」という3 つのキーワードに興味惹かれている様子です。

たしかにいままで眼鏡の役一度のなかったですしね。

しかも役どころ的にもしかしたら真犯人である可能性も充分あり、常にドキドキした気分でドラマを視聴することもできるのではないでしょうか。

間違いなくいままでにない新しい玉森裕太が見られることでしょう。

玉森裕太さんインタビュー

玉森本人は、「ザテレビジョンZoom!! vol.28」(KADOKAWA)の中で「自分より年上のお兄ちゃんばかりなので、皆さんの背中を見ながら勉強する毎日です。役への向き合い方とか、現場での在り方とか、本当に学ぶことが多い。今の俺は、まだ、皆さんについていくことだけで精いっぱいだけど、大切なことをたくさん教えていただいているので、いっぱい吸収したいと思います!」と、実力派ばかりの環境について語っており、このドラマを成長のチャンスと捉えているみたいです。

そして、浅見のキャラクターについては、「話し方はすごく意識しましたね。髪型や衣装といったビジュアル面で変化をつけるのはもちろんなんですけど、それだけじゃなくて、学生時代と教師になってからでは話し方も違うんだろうな、って思ったんです。それから、同じ32歳の浅見でも、友達の前と生徒の前でもまた話し方は変わってくるだろうし。そこは、いろいろ自分の中で考えました」(同)と語っています。

実年齢より上の役を演じることになっても、真摯な姿勢で役作りに取り組んだことが、高評価につながったのでしょう。

視聴者も悪夢を見そうなほどの“イヤミス”的な展開や、まだまだ明かされない広沢の死の謎。

玉森演じる浅見がどのような表情を見せるのかも含め、今後の展開に注目していきたいですね。

玉森裕太さんのこれまでの俳優としての評価

 

リバースのキャストの中でも俳優経験が少ない玉森裕太さんですが、どのような演技をされるのでしょうか?

主演も演じたことがあるのでお上手なのかと思いましたが、評価は賛否両論あるようです。

ドラマで主演をしたのは「信長のシェフ」や「ぴんとこな」が有名ですが、それよりも前に出演されているドラマに比べたら上手になってきたという意見もあれば、ただの棒読み俳優という意見の方もいるようです。

ファンの方にとってはいい評価をしたいでしょうし、アンチの方にとっては悪い評価が多くみられるかもしれませんね。

リバースはヒューマンミステリーのドラマなので、演技力もかなり試されてくると思います。

今回、演技派のキャストが多い中で玉森裕太さんがどのような演技をされるのか楽しみです!

まだそこまで俳優経験がないので、今回リバースの豪華キャストの中で演技力が磨かれるかもしれませんね!

玉森裕太さんの演技にも要注目です!

 

ヒューマンミステリーですから、感情や表情の見せ方などが重要になってくると思います。

玉森裕太さんがどんな演技をされているのか、必見です!

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加