4月23日日曜夜9時からスタートするドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」。

このドラマは観月ありささんが主演、コンビを組むのはKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんです。

 

このドラマのタイトルが「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」という題だとホラー系なのかなと思いますがどのような内容なのでしょうか。

 

そこで今回は、ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」について、現在発表されている速報と原作とドラマの違いについて書いていきたいと思います!

 

新ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」

 

このドラマは、ミステリー小説が原作になっているドラマになります。

原作は、太田紫織さん(エブリスタ/角川文庫)。累計発行部数100万部を突破した超人気作品です。

 

こちらは、2015年にテレビアニメでもTOKYO MX・KBS京都他にて放送されていたようですね。

また、同年8月号より「ヤングエース」(KADOKAWA)にて現在も漫画を連載中。原作は太田紫織さん、キャラクター原案は鉄雄さん、作画は水口十さん。

 

原作者:太田紫織さん

E★エブリスタという投稿コミュニティサイトにて、小説や写真、俳句など多数の作品を投稿していた。2012年に同サイトでEleanor.S名義で発表した『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』で『E★エブリスタ 電子書籍大賞ミステリー部門』(角川書店)優秀賞を受賞。

 

2013年2月、同作が角川書店の角川文庫より書籍化され、作家デビューし現在もシリーズ化されている。

 

このほかには、「魔女は月曜日に嘘をつく」や「オークブリッジ邸の笑わない貴婦人 」等の作品がる。

 

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」速報

 

ここでは、現在公式サイトにて発表されている情報を少ないですが書いていきたいと思います!

①ドラマ初回放送が15分拡大!

②追加キャストが決定!細田善彦さん、近藤公園さん、鷲尾真知子さん、渡辺憲吉さん、田中聡元さんが出演します!

③東京国立博物館にてロケ撮影!

現在の速報は、以上です!

 

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじ

 

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のあらすじを書いていきます。

 

主人公の九条櫻子(観月ありさ)は、“三度の飯より骨が好き”という美人で名家の令嬢だが、日本でも数名しかいない骨格標本を組み立てる”標本士”。

 

外見とは異なり、口調は男勝りで空気を読めず、他人や周囲の評判は全く気にならない性格。

 

櫻子はぶっきらぼうで社交的ではないということもあり、家政婦のばあや(鷲尾真知子)と2人でひっそりとした邸宅に住んでいる。

 

そんな櫻子の邸宅を訪れたのが、博物館の技術補佐員である館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)であった。

 

櫻子が持ってきたのは博物館から組み立てを依頼されていたむき出しの骨。骨を見て完全に逃げ腰になる正太郎に対し、櫻子はその骨が見つかった場所に案内するように指示する。

 

そこで正太郎は櫻子と、骨が見つかった山の奥へ車を走らせていく。現場で探索を行うと、見つかったのは完全に白骨化した遺体であった。だが櫻子は「素晴らしい」と恍惚の表情を見せる。

 

駆けつけた刑事たちは、白骨化した遺体にお手上げ。何も分からないとうなだれている。

 

そんな刑事たちを横目に、櫻子は白骨から遺体の死亡推定時期、年齢、性別、利き手までをスラスラと読み上げていく。そして何より気になるのが遺体の歯だと告げた。

 

ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の登場人物と原作の違い

 

ドラマと原作では少々登場人物設定に違いがあるようですね。

ここではその違いについて少し触れていきたいと思います!

 

キャスト

九条 櫻子
演 – 観月ありさ

本作の主人公。何よりも骨が好きな標本士。
美人だがぶっきらぼうなのが玉にキズ。周囲の目は気にしない。
驚異的な推理力で事件を解決に導く。

 

館脇 正太郎
演 – 藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)

2回就活に失敗し、大学紹介で「博物館職員」になった青年。
とても優しく純粋な性格をしており、強い正義感を持っている。
優しく純粋な性格で、正義感も強い。また嘘がつけない性格で、すぐに顔に出てしまう。
異常な怖がりでもある。ふとしたきっかけで櫻子と出会う。

 

志倉 愛理
演 – 新川優愛

博物館学芸員補。
ムードメーカー的存在であり、明朗快活な性格の持ち主。
幼少期から長年続いている化石好き。
櫻子は大の苦手だが、正太郎を介して知っていく程「面白い人」と、櫻子の魅力に惹かれていく。

 

山路 輝彦
演 – 高嶋政宏

ノリが良く明るい性格であり、正義感の強い刑事。
事件現場で遭遇した櫻子に興味を持っている。

 

磯崎 齋
演 – 上川隆也

正太郎と愛理の先輩にあたる学芸員。
普段は物静かだが、珍しい品種を見つけるとテンションが急に上がる性格。
またプライベートは謎に包まれている。
仕事に関係がなくても、好奇心からさまざまな実験を行い、植物に関する研究をしている。

 

近藤卓也
演 – 細田善彦

山路輝彦の部下である八峰署刑事課の巡査部長。

 

谷上和裕
演 – 近藤公園

自然の森博物館の地質学専門の学芸員。

 

杉森重男
演 – 渡辺憲吉

博物館の館長。

 

新井隆太
演 – 田中聡元

八峰署刑事課・鑑識係。

 

沢 梅
演 – 鷲尾真知子

櫻子の屋敷で働く老女。通称ばあやさん。
櫻子に説教をする数少ない人物でもある。

 

◆九条櫻子の居住地

原作では、北海道旭川市在住で、北海道が舞台になっている事がほとんどですが、ドラマでは、どうやら北海道ではないようです。

 

◆藤ヶ谷太輔さん演じる舘脇正太郎

舘脇正太郎は原作の小説では、高校生の設定ですがドラマ版では29歳の博物館の技術補佐員として設定されています。

 

◆登場人物

原作では内海洋貴という交番勤務の警察官や、舘脇正太郎の同級生、鴻上百合子という人物が出てきますが、ドラマでは、舘脇正太郎が高校生ではないため、博物館のスタッフや学芸員などが出てきています。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加