藤原竜也さん主演のドラマ「リバース」

このドラマは原作が湊かなえさんの作品で、湊ファンは待ちに待った映像化なのではないでしょうか!

 

湊かなえさんが描く作品はほとんどが女性が主人公ですが、「リバース」は男性が初の主人公になっており、今までとは違う湊かなえの世界が覗けます。

今回、リバースの記事を書くにあたってネット検索でひっかかってくるのが「つまらない」という言葉。

ここで今回はドラマ「リバース」について、そして「つまらない」とは内容がつまらないのか?何がつまらないのか調べてみました!

 

「リバース」のあらすじ

 

 

まずは、簡単にあらすじを紹介していきます。

 

 

人生初の親友。大学のゼミ仲間との旅行。

そこで起きた事故、そして親友の死。

残された仲間たちと共有することになった秘密。

卒業後、主人公は地味な生活を送りながらも、なじみの珈琲店ができ、恋人もでき、ようやく幸せな日常を手に入れたと思った矢先。

自分を人殺しだと糾弾する告発文が恋人のもとに届いた。

告発文の送り主は誰か。

親友は本当に事故死だったのか。

親友は自分のことを本当はどう思っていたのか。

 

―唯一の闇を、告白するときがきた。―

 

 

このあらすじを読んだだけでも、筆者は興味が沸きました!
むしろ「つまらない」という感じには思えませんでした。

 

またタイトルの「リバース」は英語で「逆」「反転」の意味を持ち、同時に rebirth=「再生」「復活」を表しています。このドラマは、視聴者の目線を毎回「リバース」させ、事件や事故の真実を「反転」させるミステリーであり、また亡くなった親友・広沢を軸に登場人物たちが友情や絆を「再生」させていく上質な人間ドラマ。
さらに、若者の目線だけでなく、あの日これは事故ではないと直感した刑事・小笠原の見る「偽り」と「真実」、息子の死を未だ受け入れられない母の「葛藤」と「赦し」という親目線の反転と再生も描いていくヒューマンドラマになるようです。

 

登場人物の紹介

 

 

ここからは、登場人物の紹介をしていきます。

■藤原竜也:深瀬和久
深瀬和久はつまらないくらい普通で地味で冴えない男。地味なことをコンプレックスに抱き、いたって普通の人生を送っている。
唯一の取柄は美味しいコーヒーを淹れること。通っているコーヒー専門店クローバーコーヒーにて、越智美穂子と出会い、恋人となる。
恋人の美穂子の元に「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が届き真相を追うことになる。

■戸田恵梨香:越智美穂子
深瀬の恋人。見た目は地味だが美人で慎ましい性格の女性である。
行きつけのクローバーコーヒーで深瀬と運命的に出会い交際に発展。ある日、「深瀬和久は人殺しだ」という告発文が美穂子のもとに届く。

■玉森裕太:浅見康介
大学時代の深瀬のゼミ仲間。現在は高校教師をしておりストイックな性格であることから生徒や保護者とのトラブルが絶えることがない。広瀬が死んでしまったことの責任を感じ今も禁酒をしている。

■小池徹平:広沢由樹
広沢は大学のゼミ仲間と行ったスノボ旅行中に不審な事故で死んでしまった。深瀬の唯一の親友だった。

■三浦貴大:村井隆明
深瀬の大学時代のゼミ仲間。現在は議員である父親の秘書をしている。しかし、父からのプレッシャーに苦闘。

■市原隼人:谷原康生
深瀬の大学時代のゼミ仲間で現在は九条物産に勤務しているが、上司からパワハラを受けている。
大学時代から好きだった村井隆明の妹・村井明日香と結婚している。

■門脇 麦:谷原明日香
村井隆明の妹で谷原の妻。谷原に猛烈アタックを受け結婚、現在は家庭を守っている。

■YOU:乾恭子
深瀬が通っているクローバーコーヒーのマスターの妻。深瀬と美穂子が付き合うきっかけを作り、二人の良き相談相手になっている。

■志賀廣太郎:広沢忠司
広沢の父親で息子を失ったショックでいつまでも悲観的な妻を何とかして救ってやりたいと思っている。

■片平なぎさ:広沢昌子
広沢の母親で息子が事故で死んでしまったことを10年経っても受け入れることができない。そんな中で10年前の事故を深瀬らが調べていることを知ることになる。

■武田鉄矢:小笠原俊雄
元長野県警のフリージャーナリスト。10年前の広沢の失踪事件を担当していた刑事だった。白骨遺体として発見されてからも事件ではなく事故として処理しようとする上司に対して事件だと主張すると左遷を受けてしまい退職。フリージャーナリストになった今も10年前の事件の真相を追っている。

■バッファロー吾郎A:乾圭介
クローバーコーヒーのマスター。

藤原竜也演じる深瀬和久の人物像で「つまらない」という言葉が出てきました!
ですが、なぜそれほどにも「つまらない」の言葉が浮上していたのでしょうか。

 

 

藤原竜也さんが今まで演じた役とは

 

藤原竜也さんは、これまでに映画「DEATH NOTE」の夜神月や、映画「るろうに剣心」の志々雄真実役など個性的なキャラクターを数多く演じ、また追い詰められて絶叫するなどダークヒーローな人物を圧巻の演技力と唯一無二の存在感で多くの作品に出演し演じてきました。

 

ですが、今回はつまらないほど普通で地味な冴えない男を演じます。
ここで、みなさんが興味が沸くポイントにもなり、「つまらない」というキーワードが浮上していたのですね!

イヤミスの女王・湊かなえの作品に豪華演技派俳優たちがどのように湊作品に色を付けていくのか楽しみです。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加