綾野剛さん主演の4月期新ドラマ『フランケンシュタインの恋』。

現在では、綾野剛さん扮する「フランケンシュタイン」のビジュアルも公開されており、綾野剛さんのファンの方にはドラマが始まるのが待ち遠しいのではないのでしょうか!

『フランケンシュタインの恋』の主題歌に起用さされたのはRADWIMPSが歌う「棒人間」という楽曲です。

RADWIMPSのがドラマの主題歌を担当するのは今回が初めて。

今回は、「棒人間」という曲について、そしてこの曲を歌っているRADWIMPSについて掘り下げていきたいと思います!

『フランケンシュタインの恋』あらすじ

 

綾野剛さん扮する怪物・フランケンシュタインは100年前にある事件をきっかけに生み出された一見人間に近い外見だが、永遠の命を持ち、人間とはかけ離れた肉体とパワーを持つ生き物。
ユニークで、キュートで、優しくて誰よりも人間らしく、いつか人間として暮らすことを夢見てきた。ある日、怪物は偶然出会った二階堂ふみさん扮する津軽継実と恋に落ちるが、彼の体はある秘密を持っており、人間に触れることができなかった。

 

笑いと涙と切なさあふれる歳の差100歳のラブストーリー。

 

共演者は、二階堂ふみさん、柳楽優弥さん、川栄李奈さん、新井浩文さん、光石研さん、柄本明さん。

 

 

主題歌「棒人間」―僕は人間じゃないんです‐

 

「僕は人間じゃないんです」

「ほんとにごめんなさい
そっくりにできてるもんで よく間違われるのです」

 

とても印象に残り、ずっと頭に残ってしまうようなフレーズ。

 

 

 

『フランケンシュタインの恋』のPR動画が公開されましたが、
綾野剛さんのセリフでも同じく、

 

「僕は人間じゃないんです」

と、恋をしてしまった女性に伝えています。

 

『フランケンシュタインの恋』の主題歌を決めるにあたって
「ギターとドラムとベース、そしてボーカルが
しっかり聞こえてくるロックバンドの音で、ドラマを締めくくりたい」
と構想を練っていたプロデューサー。

 

そこに綾野剛さんがRADWIMPSの楽曲を提案したといいます。

 

ちょうど発売したばかりのRADWIMPSのアルバム「人間開花」に収録されていた「棒人間」を聴いた河野プロデューサーは「驚きと感動とで背すじが震えました。その音と歌詞の世界は、このドラマの全てを表現していたからです。
この歌を物語にすればいいんだ、と思いました」と“運命の出会い”を経て主題歌に決定した。

綾野剛さんのコメント

プライベートでも仲良くさせていただいているRADWIMPSと、作品を通して共鳴できることを光栄に思っております。昔からRADWIMPSの生み出す世界が好きで、いつか一緒にひとつの作品を創れたらと野田洋次郎くんとも想いを膨らませていました。今回、それが実現できて心から感謝ですし、なにより「フランケンシュタインの恋」が描き成す世界と、RADWIMPSが織りなす主題歌「棒人間」は、まさに色とりどりの点と点を線として繋ぎ、物語をさらにドラマチックにしてくれる楽曲だと確信しています。ドラマと主題歌の融合を是非に心から楽しみにしていてください。

RADWIMPS:野田洋次郎さんのコメント

「僕は人間じゃないんです」人間が歌うからこその、この『棒人間』という楽曲だと思っていたので最初この曲でお話をいただいた時は少し驚きました。ただ、人間だらけの中で懸命に生きるたった一人の「自分」という主人公の物語なのだとしたら、それは僕たちもフランケンも一緒なのかもしれません。どんなふうに現代を生きる怪物とこの楽曲が共鳴するのか、今からとても楽しみです。

主題歌を担当するRADWIMPS

 

ここからは、RADWIMPSについて書いていきたいと思います。

 

RADWIMPSと言えば、映画「君の名は。」の主題歌と、同映画全ての楽曲を担当していたことで、世界中で名の知れたバンドになりましたね。

RADWIMPS(ラッドウィンプス)
所属レコード会社:ユニバーサルミュージック。所属事務所:有限会社ボクチン(英称:voque ting、所属はRADWIMPSのみ)

 

Vocal / Guitar / Piano
野田洋次郎 Yojiro Noda
◆ボーカル、ギター、RADWIMPSのほぼすべての楽曲の作詞・作曲を担当。

Guitar
桑原彰 Akira Kuwahara
◆ギター、コーラスを担当。RADWIMPSのリーダー。

Bass
武田祐介 Yusuke Takeda
◆ベース、コーラスを担当。

Drum
山口智史 Satoshi Yamaguchi
◆ドラムス、コーラスを担当。

 

バンド名の意味

「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語の俗語「RAD」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「WIMP」を組み合わせた造語であり、つまり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「マジスゲーびびり野郎」などの意味である。

 

略歴

・20001年にバンドを結成し、2003年に1stアルバム「RADWIMPS」を発売。その後現在までに8枚のアルバムを出している。
・2011年、東日本大地震の被災地へメッセージと義援金を募る特設サイト「糸色-Itoshiki-」を開設

・2015年、Dramの山口智史の持病が悪化、休養に入る。
・6月6日 – 野田洋次郎主演の映画『トイレのピエタ』公開

・2016年大ヒットになった映画「君の名は。」の全楽曲をRADWIMPSが手掛け、同名の映像サウンドトラックを発売。
・テレビ朝日系「ミュージックステーション 2時間スペシャル」に出演し、初めて地上波音楽番組でパフォーマンスをした。
・12月31日 -「第67回NHK紅白歌合戦」に初出場。

・2017年4月13日- テレビ東京系のドラマ『100万円の女たち』で、野田洋次郎がドラマ初出演にして主演。
・4月23日 – アルバム『人間開花』に収録されている楽曲「棒人間」が主題歌である、日本テレビ系ドラマ「フランケンシュタインの恋」放送開始
・5月10日 – 20thシングル『サイハテアイニ/洗脳』発売予定(「フランケンシュタインの恋」の主題歌“棒人間”ニュー・バージョンを含む計3曲収録。初回限定盤にはその“棒人間”の絵本が付属。)

「糸色-Itoshiki-」

2011年3月11日の東日本大震災を受けて、3月14日に被災地へのメッセージと義援金を募るサイト「糸色 -Itoshiki-」を開設。
3月25日に15,000,000円、7月25日に10,238,122円、計25,238,122円を日本赤十字社に寄附した。 また、RADWIMPSに賛同した、宮藤官九郎、塚本高史、堺雅人、綾野剛、佐藤隆太、椎名林檎、トータス松本、Superfly、といった様々な俳優、ミュージシャンらの応援メッセージも公開された。
また、その後5年間、毎年3月11日にYouTubeにて新曲を公開した。全曲がCD未発表曲である。
2012年3月11日公開「白日」
2013年3月11日公開「ブリキ」
2014年3月11日公開「カイコ」
2015年3月11日公開「あいとわ」
2016年3月11日公開「春灯」

2016年4月の熊本地震の被災地支援のため、野田洋次郎が楽曲「バイ・マイ・サイ」の新録バージョンを配信。この楽曲にはONE OK ROCKのTakaも参加した。6月30日には、アーティスト収益分の全額である19,698,094円を熊本県庁へ寄附したことが報告された。

RADWIMPSには、まだまだそれだけではない多くの魅力ある楽曲を世に放ち続けてきています。

興味を持った方は、RADWIMPSをたくさん聞いてみてくださいね。きっとハマってしまいます。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近は顔出し不要・声出し不要でYouTubeで稼ぐ手法が話題になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

LINE@に登録頂くと個別で全貌を公開していきます。
※更に先着順100名で、YouTube攻略マル秘PDFもプレゼント中!

 友だち追加