放送前から大きな話題になっている、TBS日曜劇場のドラマ「小さな巨人」。今回は4月16日の初回放送を前にドラマのあらすじや、主人公をを演じる長谷川博己さん、ドラマや長谷川さんにまつわる面白い情報についてお届けします。

 

【ドラマ 小さな巨人のあらすじ】

ドラマ「小さな巨人」はノンキャリアの最高峰である警視庁・捜査一課長を目指しまい進していた、主人公の警視庁捜査一課強行犯係長のエリート刑事・香坂真一郎は上司の捜査一課長・小野田に裏切られ、所轄に左遷されます。小野田は自分にとって優秀な道具でしかない香坂を簡単に切り捨てます。

 

出世街道から外れ異動した所轄で起きた事件では、捜査一課時代の部下も寝返ります。―所轄は後方支援だと―この元部下・山田は東大法学部を卒業しながら、キャリアの道を捨て、あえて警視庁に入庁。香坂と同じ捜査一課長を目指しています。その裏には過去の未解決事件を捜査するという狙いがあり・・・

 

所轄では出世にはまったく興味がない刑事と出会い、ぶつかり合いながら”警察の使命””己の正義”を見出し、巨大な階級組織に再び挑んでいきます。果たして香坂は警視庁・捜査一課に返り咲くことができるのか?己の信じる”正義”とは何か?日曜日の夜はTVの前から離れることができなさそうです。

 

【ドラマ 小さな巨人の主人公を演じる長谷川博己さん】

ドラマ「小さな巨人」の主人公・香坂真一郎を演じるのは長谷川博己さんです。
プロフィールによると、長谷川さんは1977年3月生まれの40歳。東京都出身。中央大学文学部を卒業し、文学座を経て現在のヒラタオフィス所属。

 

愛称は「ハセヒロ」。舞台のみならず、ドラマ、映画、CMと幅広い活躍されていますが、長谷川さんは2010年、NHKのドラマ「セカンドバージン」で鈴木京香さんの相手役を演じ、注目を集めます。

 

その後、テレビ東京の「鈴木先生」、日本テレビの「家政婦のミタ」などに出演され、大ヒット映画「シン・ゴジラ」では主演を務めます。

 

ドラマ「小さな巨人」では、野心を持ち突き進んでいた主人公・香坂が、左遷という挫折を味わいながらも巨大組織と対峙する人間臭い役をどのように演じてくれるのでしょうか?警察という一般社会とはかけ離れた社会のなかで、等身大の警察官を演じてくれるのは間違いないでしょう。

 

【長谷川博己さん ドラマでのクズ役が面白い】

長谷川博己さんと言えば”クズ役”というイメージがついてまわります。

 

まず、テレビ東京の「鈴木先生」では、妄想癖きがある中学教師、土屋太鳳さんが演じる生徒を「カミサマ」として偶像化することで、悪癖を克服するという役で視聴者からは「ロリコン」呼ばわりされます。

 

続いて、日本テレビのダイヒットドラマ「家政婦のミタ」では、不倫の末に妻を自殺に追いやり、残された子供たち、義父ともまっすぐ向かい合えないダメな父親・阿須田恵一を好演します。

 

さらに、フジテレビの月9「デート~恋とはどんなものかしら~」では、健康な35歳ながらニート生活を送る谷口巧に扮し、「僕は高等遊民なんだ!」「男が永久就職したっていいじゃないか」などの迷言を残し、母に代わる寄生先を求めて杏さん演じる依子と付き合う見事なまでのクズっぷりを演じます。

 

「家政婦のミタ」の視聴率、平均25.2%には及びませんが、「デート」の視聴率も平均12.5%、「鈴木先生」は視聴率こそ平均2.06%と揮わないものの、コアなファンを掴み、2012年の第49回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、2011年日本民間放送連盟賞テレビドラマ番組部門最優秀賞を受賞するなど高い評価を受けています。

 

この結果(?)、「変な役しかやっていない」「ゲスな役を明るくやらせると見事」な長谷川さん=クズ役=面白い=はまり役のイメージが定着していきます。

 

【実は長谷川博己さん自身も面白い?変な人?】

演じる役から面白いと思われがちな長谷川博己さんですが、実はあちらこちらから「変な人」という声が聞こえてきています。

 

映画が大好きだった長谷川さん、念願がかなって周防監督の「舞妓はレディ」に出演しました。周防監督は長谷川さんについて「世間では二枚目で通っていますが、変な人です」との回答。映画を観た方は「安定の変な役っぷり」と評価。

 

さらに、NHKの大河ドラマ「八重の桜」で共演した綾瀬はるかさんもインタビューに「(長谷川さんは)かっこよく見えて、そうでもないところもある?」と問われ、「うん、面白い!変人!」ときっぱり。

 

綾瀬はるかさんに言われる長谷川さんて・・・もしかすると演技ではなく”素”なのではと思えてきますが、それを裏付けるコメントを本人がされています。

 

3年半前、NHKのあさイチプレミアムトークにゲスト出演したとき
「いや、嬉しいですよね、変人って言われるのは。」
「変人って最高の誉め言葉ですよ。」
「う~ん、いや、僕が変人が好きってのもありますね。変なところに魅力を感じます。」「この人面白いな~ってず~っと観てたりしますね。」など。

 

変な人確定です。

 

こんな”変な人が演じる”人間ドラマ「小さな巨人」、どんな仕上がりになっているのか、違った角度からも楽しめそうです。

こんなことに悩んでいませんか?


・残業ばかりの毎日にうんざり...
・満員電車での通勤が嫌だ...
・上司に怒られたくない
・車や家のローン返済が大変...
・いずれは起業したい!
・たまには旅行に行きたい!
・迷惑をかけてきた親に、親孝行したい!



私もこのような悩みや夢を持っていたのですが、インターネットを活用したビジネスに出会うことで、全て実現させることができました!

最近はYouTuberが人気になってきて、個人の力で収入を得ていく新しい働き方が増えつつあります。

あなたがこの記事を読んでいる間にも、どんどんとライバルが増えている状況ですので、現状を打破して、思い描く素敵な未来を手にしたいのであれば、今すぐに行動しましょう!

→ 今すぐ次世代の稼ぎ方を手に入れる!